2020年10月15日一覧

NO IMAGE

海外FXならTitanブレード口座|ポジションについては…。

FXを行なう上での個人に対するレバレッジ倍率は、昔は最高が50倍だったことを思い起こせば、「今の規定上の最高25倍は低い方だ」と主張している方が存在するのも当然と言えば当然ですが、25倍だとしてもきちんと利益をあげることはできます。MT4に関しましては、かつてのファミコン等の器具と同じで、本体にソフトを差し込むことによって、初めてFXトレードをスタートさせることができるというものです。スキャルピングとは、ほんの僅かな時間で小さな収益をストックしていく超短期トレードのことで、テクニカル指標やチャートを基に投資をするというものなのです。ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類がありますが、このポジションというのは、売買した後、決済することなくその状態を持続している注文のことになります。システムトレードと呼ばれているのは、人の気持ちや判断をオミットするためのFX手法だとされていますが、そのルールをセッティングするのは利用する本人ですから、そのルールがその先ずっと良い結果を齎すということは考えられません。スイングトレードというのは、その日1日のトレンドが影響を及ぼす短期売買と比べて、「それまで相場がどの様な動向を示してきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード法だと言えます。MT4が重宝するという理由の1つが、チャート画面上から即行で注文可能だということなのです。チャートを眺めている時に、そのチャートのところで右クリックすると、注文画面が立ち上がるようになっています。デイトレードの優れた点と申しますと、その日1日で例外なしに全部のポジションを決済するとい...

NO IMAGE

海外FXならXM|スイングトレードの良い所は…。

FXを進める上での個人を対象にしたレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったので、「今時の最高25倍はそれほど高くはない」と口にされる人が見受けられるのも当然でしょうけれど、25倍でありましても十分な利益確保は可能です。5000米ドルを購入してそのままにしている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然のことながらドル高になった場合、即売り決済をして利益を確定させた方が賢明です。スキャルピングと言われるのは、一度の取り引きで1円にも満たないほんの少ししかない利幅を求め、日々何回もの取引を敢行して薄利を取っていく、非常に特徴的なトレード手法なのです。スイングトレードを行なうつもりならば、短くても数日、長くなると何カ月にも亘るというトレードになるわけですから、普段のニュースなどを判断材料に、それから先の世界の経済情勢を類推し投資することができるというわけです。FXの究極のセールスポイントはレバレッジだと言えますが、本当に腑に落ちた状態でレバレッジを掛けないと、正直申し上げてリスクを大きくするだけだと忠告しておきます。ここ最近のシステムトレードの内容を精査してみますと、他のFXトレーダーが立案・作成した、「一定レベル以上の利益を出している自動売買プログラム」をベースに自動売買するようになっているものが多いようです。「デモトレードをいくらやろうとも、実際にお金がかかっていないので、メンタル的な経験を積むことが不可能である。」、「自分で稼いだお金で売買してこそ、初めて経験が積めると言えるのだ!」とおっしゃる人も多々あります。日本と比べて、海外...