2020年01月21日一覧

NO IMAGE

FX取引を行なう際に出てくるスワップとは…。

初回入金額と申しますのは、FX口座開設が終わった後に入金することになる最低必要金額のことです。金額を設定していない会社もありますし、50000とか100000円以上という様な金額設定をしている会社もあります。システムトレードにおいては、自動売買プログラム(EA)の設定に従ってテクニカルポイントに達した時に、システムが確実に売買します。しかしながら、自動売買プログラムについては利用者本人がセレクトすることになります。FXに取り組む際の個人専用のレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことを思えば、「今時の最高25倍は低く見えてしまう」と言われる方を見かけるのも当然ですが、25倍だと言いましても想像以上の収入に繋げることはできます。MT4をパーソナルコンピューターにセッティングして、ネットに繋げた状態で休みなく動かしておけば、横になっている間もオートマチカルにFX取引を行なってくれるのです。FX取引を行なう際に出てくるスワップとは、外貨預金でも与えられる「金利」だと考えてください。ただし大きく異なる点があり、この「金利」につきましては「受け取るだけではなく支払うことだってある」のです。原則的に、本番のトレード環境とデモトレードの環境では、本番トレード環境の方が「一度のトレードごとに1pipsくらい利益が減る」と思っていた方が間違いないと思います。FX口座開設の申し込み手続きを終了して、審査にパスしたら「ログイン用のIDとPW」が郵送されてくるというのが基本的な流れではありますが、何社かのFX会社は電話を掛けて「必要事項」をしているようです。スワップとは、売買の対象となる2つの通...

NO IMAGE

スキャルピングに関しては…。

売りと買いの両ポジションを一緒に持つと、円高になろうとも円安になろうとも収益を出すことが可能ですが、リスク管理の面から申し上げますと、2倍心配りをする必要があると言えます。スイングトレードと言われているのは、売買をする当日のトレンドに結果が決定づけられる短期売買とは違い、「以前から為替がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が影響を及ぼすトレード方法だと言って間違いありません。FX口座開設につきましてはタダとしている業者が多いですから、もちろん面倒ではありますが、2つ以上の業者で開設し実際に売買をしてみて、個人個人に適したFX業者を選定しましょう。チャートの方向性が明確になっている時間帯を選定して、そこで順張りをするというのがトレードにおける原則です。デイトレードだけではなく、「心を落ち着かせる」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どういったトレード手法を選択しようともとっても大切なことだと言えます。今日この頃は、いずれのFX会社も売買手数料は掛からないことになっていますが、同様なものとしてスプレッドがあり、これこそが事実上のFX会社の収益だと考えていいのです。MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面上から直に注文することができるということです。チャートをチェックしながら、そのチャートのところで右クリックすると、注文画面が立ち上がることになっているのです。実際的には、本番のトレード環境とデモトレードの環境を比べますと、本番トレード環境の方が「一度のトレードごとに1pips程利益が減少する」と認識していた方が賢明です。購入時と売却時の価格に幾らかの違いを設...