2020年01月15日一覧

NO IMAGE

海外FXならXM|FXをスタートしようと思うなら…。

システムトレードにおいては、自動売買プログラムの通りにテクニカルポイントがやって来た時に、システムが機械的に売り買いを完結してくれます。そうは言うものの、自動売買プログラムにつきましては利用者が選ぶことになります。スキャルピングにつきましては、短い時間軸の値動きを利用するものなので、値動きがはっきりしていることと、取引回数がかなり多くなりますから、取引コストが小さい通貨ペアを扱うことが大事になってきます。売りポジションと買いポジション双方を同時に所有すると、為替がどっちに動いても利益を手にすることが可能なわけですが、リスク管理の点から言うと、2倍気遣いをする必要に迫られます。スプレッドというのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の利潤となる売買手数料と同様なものですが、各社ごとに個別にスプレッド幅を導入しているのです。FXが投資家の中であっという間に浸透した主因が、売買手数料が超割安だということだと考えます。初めてFXをするなら、スプレッドの低いFX会社を探し出すことも大事になってきます。スイングトレードならば、短くても数日から数週間、長い時は数か月というトレード法になるので、毎日のニュースなどを基にして、将来の経済情勢を予測し投資することが可能です。FX取引を行なう上で考慮すべきスワップと言われているものは、外貨預金においての「金利」だと考えてください。とは言うものの丸っきし異なる部分があり、スワップという「金利」については「受け取るばかりか徴収されることだってある」のです。トレードをする日の中で、為替が大幅に変わるチャンスを狙って取引するのがデイトレードなの...

NO IMAGE

海外FXならTitanブレード口座|FX取引において…。

スワップポイントと言いますのは、ポジションを維持した日数分与えてくれます。毎日特定の時間にポジションを有したままだと、その時点でスワップポイントがプラスされます。トレードの一手法として、「為替が一つの方向に動く最小時間内に、薄利でも構わないから利益を堅実にあげよう」というのがスキャルピングというトレード法です。スイングトレードということになれば、どれ程短い期間だとしても数日間、長期の場合は数ケ月にもなるといった売買になる為、連日放送されているニュースなどを見ながら、その後の世界の景気状況を推測しトレードできるというわけです。売りと買いの2つのポジションを同時に保持すると、円高になろうとも円安になろうとも利益を出すことができるわけですが、リスク管理の点から申しますと、2倍神経を注ぐことになるはずです。デイトレードのウリと言うと、次の日まで保有することなく完全に全ポジションを決済してしまうわけですから、結果がわかったうえでぐっすりと眠れるということだと言えるでしょう。ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」があるわけですが、このポジションとは、売り買いをしたまま約定しないでその状態を持続している注文のことを言います。FXを開始するために、さしあたってFX口座開設をしようと思うのだけど、「どんな順番で進めれば開設することができるのか?」、「どういった業者を選定すべきか?」などと迷う人は多いです。テクニカル分析には、大別して2通りあると言うことができます。チャートに表記された内容を「人が自分の頭で分析する」というものと、「専用プログラムが勝手に分析する」というもので...