2020年01月08日一覧

NO IMAGE

海外FXならXM|スイングトレードで儲ける為には…。

「忙しくて昼間の時間帯にチャートに目を通すなんて困難だ」、「大切な経済指標などをタイムリーに確かめられない」と考えている方でも、スイングトレードの場合はそんな心配は要りません。全く同じ通貨だとしても、FX会社毎で付与されることになるスワップポイントは異なるのが普通だと言えます。専門サイトなどで念入りに海外FXアフィリエイトIB比較サイトでiFOREX比較検証検討して、なるべく高いポイントがもらえる会社を選ぶようにしてください。初回入金額と申しますのは、FX口座開設が済んだ後に入金しなければならない最低必要金額のことなのです。最低必要金額の指定がない会社も存在しますが、50000とか100000円以上という様な金額設定をしているところも多いです。FX用語の1つでもあるポジションというのは、それなりの証拠金を納めて、ユーロ/円などの通貨ペアを売買することを意味するわけです。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」という考え方は存在しません。FXにおける取り引きは、「ポジションを建てる&ポジションを決済する」の繰り返しだと言うことができます。それほどハードルが高くはないように感じられるでしょうが、ポジションを建てるタイミングとか決済を敢行するタイミングは、極めて難しいと感じるはずです。スイングトレードで儲ける為には、そうなるだけの取り引きの進め方があるのですが、当然のことスイングトレードの基本を理解した上での話なのです。差し当たりスイングトレードの基本を身に付けなければなりません。MT4というものは、ロシアで作られたFXのトレーディングソフトです。無償で利用することができ、おまけに...

NO IMAGE

海外FXならTitanブレード口座|テクニカル分析のやり方としては…。

MT4をパソコンにセッティングして、インターネットに接続した状態で常に稼働させておけば、眠っている間も全て自動でFX取り引きを行なってくれるのです。デイトレードというのは、スキャルピングの売りと買いのスパンをいくらか長めにしたもので、一般的には2~3時間以上1日以内にポジションを解消するトレードのことです。テクニカル分析と言われるのは、為替の時系列的な値動きをチャートという形式で記録して、更にはそのチャートを前提に、今後の値動きを読み解くという手法になります。このテクニカル分析は、売買するべきタイミングを理解する時に実施されます。テクニカル分析のやり方としては、大きく類別すると2種類あるのです。チャートに表示された内容を「人間が自らの経験で分析する」というものと、「パソコンがひとりでに分析する」というものになります。日本の銀行より海外の銀行金利の方が高いということがあるので、スワップ金利が与えられるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをすることで付与されることになるスワップ金利です。「デモトレードを何度やろうとも、現実に被害を被らないので、内面的な経験を積むことが非常に難しい!」、「汗水垂らして稼いだお金でトレードしてみて、初めて経験が積めることになるのだ!」と言われる方も少なくはありません。MT4にて稼働する自動取引プログラム(略名:EA)の製作者はいろんな国に存在していて、実際の運用状況やユーザーの評価などを考慮しつつ、更に実効性の高い自動売買ソフトを提供しようとしのぎを削っています。システムトレードと言われるものは、自動売買プログラムによる...