2020年01月02日一覧

NO IMAGE

海外FXならXM|FX未経験者だとしたら…。

FX会社毎に仮想通貨を使用したトレード体験(デモトレード)環境を一般に提供しております。本物のお金を使わないでデモトレード(仮想売買)ができますので、取り敢えずトライしてみることをおすすめします。デモトレードを開始するという段階では、FXに欠かせない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数十万~数百万円分仮想通貨として準備されることになります。FX取引を行なう際には、「てこ」みたく手出しできる額の証拠金で、その何倍もの取り引きが認められており、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と言っています。デイトレードと申しますのは、完全に24時間ポジションを維持するというトレードを指すのではなく、実際的にはNYのマーケットが終了する前に決済を行なってしまうというトレードを指します。「デモトレードにトライしてみて儲けることができた」からと言いましても、本当のリアルトレードで収益を出せる保証はありません。デモトレードを行なう場合は、正直申し上げて遊び感覚になることが否めません。最近では、どんなFX会社も売買手数料は0円となっていますが、別途スプレッドがあり、このスプレッドが実質上のFX会社の収益だと考えていいのです。スイングトレードというものは、売買をするその日のトレンドに大きく影響される短期売買と海外FX高評判業者人気ランキングで比較検証してみても、「今日まで相場がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード方法だと言っていいでしょう。儲けるには、為替レートが新たに注文した際のものよりも有利になるまでジッとしていなければなりません。この状態を「ポジションを...

NO IMAGE

「連日チャートを閲覧するなんて無理に決まっている」…。

レバレッジ制度があるので、証拠金が低額だとしてもその何倍もの売買ができ、想像以上の収入も狙えますが、その裏返しでリスクも高まるので、絶対に無理することなくレバレッジ設定することが必要だと断言します。証拠金を担保に特定の通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言うわけです。一方、保持し続けている通貨を売ることを「ポジションの解消」と言います。日本の銀行と比べて、海外の銀行の金利が高いというわけで、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXに取り組むと付与してもらえるスワップ金利になります。FXに関してリサーチしていきますと、MT4(メタトレーダー4)という単語が頻出することに気付きます。MT4と申しますのは、費用なしで利用することが可能なFXソフトで、使い勝手の良いチャートや自動売買機能が実装されている売買ツールのことを指すのです。「デモトレードをしたところで、実際に痛手を被ることがないので、メンタル的な経験を積むことができない!」、「本物のお金を投入してこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」とおっしゃる人も多々あります。FXに取り組む際に、海外の通貨を日本円で買うと、金利差に該当するスワップポイントが貰えることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うといった場合は、当然のことながらスワップポイントを払う必要が出てきます。スプレッドと言われる“手数料”は、通常の金融商品と比べましても、信じられないくらい安いのです。明言しますが、株式投資だと100万円以上のトレードをすれば、...