2019年12月01日一覧

NO IMAGE

海外FXならTitanブレード口座|MT4が使いやすいという理由の1つが…。

デイトレードとは、スキャルピングの売りと買いのタイミングをそこそこ長くしたもので、概ね1~2時間から24時間以内に売買を完結させてしまうトレードだと言えます。スプレッドと言われるのは、為替レートにおける「買値と売値の差」のことになります。このスプレッドこそがFX会社に徴収される手数料であり、それぞれのFX会社次第で提示している金額が異なっています。MT4が使いやすいという理由の1つが、チャート画面より簡単に注文することが可能だということです。チャートを見ている時に、そのチャート部分で右クリックしますと、注文画面が開くのです。デイトレードというのは、丸一日ポジションを保有するというトレードを意味するというわけではなく、本当のところはニューヨーク市場がその日の取引を終了する前に決済を行なってしまうというトレードのことを言います。スイングトレードということになれば、どんなに短いとしても2~3日、長い時は数ヶ月にも及ぶことになる投資法になりますから、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を予測し投資することができるわけです。同一の通貨であろうとも、FX会社次第でもらえるスワップポイントは異なるのが普通だと言えます。FX情報サイトなどできちんと確認して、できるだけ有利な会社を選択するようにしましょう。スキャルピングの実施方法はいろいろありますが、いずれもファンダメンタルズのことは排除して、テクニカル指標だけを活用しています。トレードの1つのやり方として、「値が決まった方向に振れる一定の時間内に、ちょっとでもいいから利益をちゃんと稼ごう」というのがスキ...

NO IMAGE

海外FXならXM|スキャルピングというのは…。

システムトレードというのは、人間の情緒や判断が入り込む余地がないようにするためのFX手法だとされていますが、そのルールを作るのは人になりますから、そのルールが将来的にも良い結果を招くということはあり得ないでしょう。買いポジションと売りポジションを同時に所有すると、円高・円安のどちらに振れても収益を得ることができますが、リスク管理の点から申しますと、2倍気遣いをする必要が出てきます。5000米ドルを購入して保持したままでいる状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。当然のことドル高へと進んだ時には、売り決済をして利益を得るべきです。スイングトレードにつきましては、その日1日のトレンドにかかっている短期売買とは異なり、「今日まで相場がどの様な動きをしてきたか?」といった分析が結果を決定づけるトレード法なのです。ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションというのは、取り引きをした後、約定せずにその状態を保持している注文のことを言います。デモトレードと言われているのは、仮想資金でトレードにトライすることを言うのです。2000万円など、あなた自身で決定した仮想マネーが入金されたデモ口座が作れますので、本番と同じ環境で練習可能だと言えます。スキャルピングとは、極少時間で数銭~数十銭という利益を積み上げていく超短期取引のことで、テクニカル指標だったりチャートを読み取りながら行なうというものです。FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買うと、金利差に応じたスワップポイントが与えられます...