2019年11月03日一覧

NO IMAGE

海外FXならXM|スイングトレードの長所は…。

テクニカル分析と言いますのは、相場の変遷をチャートという形で表して、更にはそのチャートを基本に、その先の相場の動きを類推するという分析法になります。このテクニカル分析は、売買のタイミングを知る際に用いられます。スイングトレードならば、数日~数週間、長期の場合は数ヶ月にも亘るような投資法になりますから、デイリーのニュースなどをベースに、直近の社会状況を想定し投資することができるというわけです。スワップポイントと言いますのは、「金利の差額」だと考えていただければと思いますが、現実的に手にできるスワップポイントは、FX会社の利益となる手数料を差っ引いた金額だと思ってください。「忙しいので日常的にチャートを確かめるなんて無理だ」、「為替に影響する経済指標などを適切適宜確かめられない」と思っている方でも、スイングトレードをすることにすればそういった心配をする必要がないのです。スキャルピングと言われているものは、1回あたり数銭から数十銭ほどの微々たる利幅を追い求め、連日物凄い回数の取引を行なって利益を積み重ねる、非常に短期的な取引き手法ということになります。レバレッジに関しては、FXに取り組む上で毎回使用されているシステムですが、手持ち資金以上の「売り・買い」ができるということで、僅かな証拠金で大きな儲けを出すこともできなくなありません。ポジションに関しましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるのですが、このポジションというのは、買いまたは売りの取り引きをした後、約定しないでその状態をキープしている注文のことを意味します。デイトレードに取り組む場合は、どの通貨ペアをセレ...

NO IMAGE

海外FXならTitanブレード口座|スキャルピングと呼ばれているのは…。

5000米ドルを買って持っている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。当たり前ながらドル高に進展したら、売って利益をものにしましょう。スイングトレードのアピールポイントは、「日々PCにかじりついて、為替レートを確かめなくて良い」というところだと言え、仕事で忙しい人に相応しいトレード法ではないかと思います。収益を手にするためには、為替レートが注文した際のものよりも有利になるまで待機する他ないのです。この状態を「ポジションを保有する」と言うわけです。スキャルピングという売買法は、意外とイメージしやすい中期から長期に及ぶ経済的な動向などは考えず、互角の戦いを一時的に、かつ可能な限り続けるというようなものだと思われます。チャートの動向を分析して、いつ「売り・買い」すべきかの決断を下すことをテクニカル分析と称するわけですが、このテクニカル分析ができるようになったら、「買い時と売り時」も理解できるようになること請け合いです。デモトレードと呼ばれているのは、ネット上だけで使える通貨でトレードをすることを言います。2000万円など、ご自身で決定した架空の資金が入ったデモ口座を開くことができ、本番と一切変わらぬ状態でトレード練習ができるのです。申し込みをする場合は、FX業者の専用ホームページのFX口座開設ページを利用すれば、15分くらいで完了するようになっています。申し込みフォームに入力した後、必要書類をメールなどを利用して送付し審査をしてもらうというわけです。FXで言うところのポジションとは、所定の証拠金を口座に入金して、円/米ドルなどの通貨ペアを...