2019年11月01日一覧

NO IMAGE

海外FXならXM|レバレッジと申しますのは…。

スキャルピングについては、短時間の値動きを利用して取引を繰り返しますので、値動きがそこそこあることと、「買い・売り」の回数がかなりの数にのぼりますので、取引に必要なコストが少ない通貨ペアを取り扱うことが重要だと言えます。スイングトレードを行なうことにすれば、数日~数週間、長期のケースでは数ヶ月という売買手法になるので、デイリーのニュースなどをベースに、将来の経済情勢を予測し投資することができるというわけです。FXを開始するために、一先ずFX口座開設をしてしまおうと考えているのだけど、「どういった手順を踏めば開設することが可能なのか?」、「何を基準に業者を選択した方が良いのか?」などと困惑する人は稀ではありません。為替の動きを予想する時に外せないのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だと言えるのは「チャートを検証して、近い将来の値動きを類推する」テクニカル分析の方になります。FX取引をする中で出てくるスワップと称されるものは、外貨預金にもある「金利」だと考えると分かりやすいでしょう。とは言うもののまるで違う点があり、スワップという「金利」は「受け取るだけかと思いきや支払うことだってある」のです。MT4をパーソナルコンピューターにセットして、ネットに繋げた状態で24時間365日稼働させておけば、睡眠中も全て自動でFXトレードを行なってくれるわけです。スキャルピング売買方法は、相対的に予知しやすい中期~長期の経済的な動向などは考えず、どちらに転ぶかわからない戦いを瞬時に、かつ止めどなくやり続けるというようなものだと言えます。レバレッジと申しますのは、FXにおきまし...

NO IMAGE

海外FXならTitanブレード口座|スプレッドと呼ばれる“手数料”は…。

FX取引で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金で言うところの「金利」と同じようなものです。しかし180度異なる点があり、この「金利」は「受け取るだけかと思いきや払うこともあり得る」のです。通常、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させますと、本番のトレード環境の方が「1回のトレードあたり1pips程収益が落ちる」と考えた方がよろしいと思います。デモトレードを使うのは、主としてFX初心者の方だと考えられがちですが、FXの熟練者も時折デモトレードをすることがあるのだそうです。例えば新しい手法のトライアルをするケースなどです。スプレッドと呼ばれる“手数料”は、その辺の金融商品と比べてみても、超低コストです。正直に申し上げて、株式投資だと100万円以上の売り買いをしたら、1000円程は売買手数料を取られます。デイトレードと申しますのは、完全に1日ポジションを継続するというトレードを言うのではなく、実際のところはNYのマーケットが1日の取引を閉める前に決済をしてしまうというトレードのことを言います。MT4は全世界で非常に多くの人にインストールされているFX自動売買ツールだという理由もあって、自動売買プログラムの種類がさまざまあるのも特徴だと言っていいでしょう。利益を確保するためには、為替レートが注文した時のものよりも有利な方に変動するまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するわけです。取り引きについては、完全にオートマチカルに進展するシステムトレードですが、システムの検証は一定間隔で行なうことが大切で、そのためには相場観をものにすることが不...